資金計画も千差万別、ローンの組み方も多種多様! - 不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ|東京

不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ

メニュー
無料相談
無料相談 0120-406-212 アクセス LINE Youtube twitter facebook
お知らせ

夏季休業:2022年8月10日(水)~8月17日(水)
休業期間前後のお問い合わせは
8/18(木)以降順次対応させていただきます。

TOP > ブログ > 代表ブログ > 資金計画も千差万別、ローンの組み方も多種多様!

資金計画も千差万別、ローンの組み方も多種多様!
(2019.12.10)

めっきり冬らしい、晴れて乾燥した天候が続くようになりました。
気づけば12月です。今週、来週と忘年会や納会がひっきりなしに入り、週に1回あるかないかの休肝日も、突然のお誘いにびくついています。ただでさえ実働が少ない12月。二日酔いで仕事の効率もガタ落ち。

これで風邪なんかひいて体調でも崩したら、と考えたら恐ろしいですね。ほどほどにしないとと、自己管理を自分自身に言い聞かせています。

 

さて、9月以降お客様からのお問い合わせや個別相談がぐっと増え、この年末にかけて急に忙しくなってきました。
特に消費税増税後の国の住宅支援策が効いているようには見えないのですが、上半期と比べれば、お客様の動きは雲泥の差です。

 

今回もその一つの事例を紹介します。
豊島区にお住まいの70歳代前半のご夫婦様からの相談でした。

築54年の木造2階建てに長男様と住んでおり、賃料4万円で2戸貸しています。しかし、老朽化・劣化が進み、リフォームするか建て替えるかで悩んでおりました。

 

すぐに家屋調査を実施したところ、延床が50坪以上と大きいため耐震補強や外部廻りも入れるとリフォームするには、3,000万円近くのコストが必要とのことから、建て替えを決意されました。

 

問題は、資金をどう調達するかです。老後の年金以外に収入を得る必要がありますが、賃貸併用住宅を建てるには持っている預貯金全額を投資しなければなりません。

しかし、それでは将来のことを考えたら不安です。まして、年齢からアパートローンを組むには、長男様に事業承継者として連帯保証人になってもらわなければなりません。長男様も数千万の債務を連帯で追うことには抵抗がありました。

 

そこで、以下の提案を行いました。

○住宅部分を全体面積の1/2以上とすれば、住宅ローンが組める。
○2/3をご両親の預貯金から、1/3を長男様の住宅ローンとする。
○住宅取得資金贈与の非課税枠を活用し、建物の持ち分を共有名義とする。
○持ち分に応じて、家賃収入も分ける。

 

このことから、ご両親は預貯金を全額投資するのではなく、残金を老後の資金として活用できる。長男様は住宅ローンの返済を家賃収入でまかなえ、さらに住宅ローン控除で所得税・住民税が10年以上節約できる。さらに、すまい給付金や次世代住宅ポイントも活用できる。

 

以上のメリットを説明し、現在進めています。

 

 

★建て替えかリフォームかで迷っている方は、お気軽にご相談ください。(紹介無料)

 

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2022年3月29日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和4年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2022年3月29日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top