不動産活用でお悩みの皆様へ

不動産に関するご相談ならネクスト・アイズへ!


不動産に関するご相談ならネクスト・アイズへ!
こんな不安はございませんか?不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するこんな不安はございませんか?
1収益性の高い土地に買い換えたい
2不動産ではなく、金融資産で資産運用したい
3借入金の負担が重く、土地を売却して返済したい
4土地を貸して長期にわたって地代を得たい
5建物を建てて、その建物を貸して賃料を得たい
失敗例・こんなはずじゃなかった・・・不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営の失敗例・こんなはずじゃなかった・・・
1親から受け継ぐ土地を保有していても、
土地の資産性は下がる可能性が高い
2固定資産税や敏志計画税の負担のほか、
相続税を課税される可能性がある
3不動産売却によって、
多額の譲渡税が発生する可能性がある
4所有している賃貸物件が老朽化し、
空室率が悪化するとともに重い維持管理負担
5オフィスビルの大口テナントが撤退し、賃料収入が途絶えた
不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら
ネクスト・アイズの土地活用に関するサービス

①土地活用コンサルティング
専門家である不動産コンサルタントが、その土地の持つ収益性や流動性を
冷静に分析し、相続・贈与面、現在ある税制優遇制度を上手に活用しながら、
多角的にご提案いたしております。
資産が生きる土地活用方法として、以下5つの活用方法をご提案いたしており
ます。
・土地を売却して現金化する
・建物を建てたうえで売却して現金化する
・土地を貸して地代を得る
・建物を建てて、その建物を貸して賃料を得る
・土地を手放さずにまとまった現金を得る

②賃貸経営コンサルティング
アパート・マンションに代表される『賃貸経営』は、所有の土地を有効的に活用した将来の収入源や老後の安心のための有力な投資対象として注目されています。また、『賃貸経営』は相続税に代表される税制面のメリットも大きなことから、ブームとなりつつあります。
このブームをうけ、大手各社ともアパート・マンション建設に力を入れるようになっており、供給戸数は高水準となっています。
ただし、土地活用における『賃貸経営』は。事業収入が予定を下回ると、計画に
大きな狂いが生じます。安定した賃貸経営を目指すにあたり、どういった建物を建てると、確実に家賃収入を得ることができるか、賃貸開始後に発生するコストをまかなえる家賃収入が得られるか、といった部分にしっかり検証いたします。

③相続・贈与対策コンサルティング
退職後の生活資金と相続対策として、土地活用をお考えの方々は多くいらっしゃいます。土地活用がうまくいくと、資金が蓄積されていきます。
ただし、土地活用によって得た資金も相続資産となります。
一方、収益性の低い土地活用で、かつ借入をして建物を建てた場合、その返済に残された家族が苦労することになります。
上手な相続対策とは、相続税額が増えても納税資金がしっかり確保され、その後に残されたご家族の安定収入にさながる『優良資産』として活用できる対策です。相続対策といって、税額を減らすことだけにとらわれてはいけません。

不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら


不動産に関するご相談ならネクスト・アイズへ!
こんな不安はございませんか?不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するこんな不安はございませんか?
1土地を貸して長期にわたって地代を得たい
1建物を建てて、その建物を貸して賃料を得たい
1長期間にわたり空室が発生して、予定していた収益が得られない
1雨漏りやひび割れ、塗装の剥がれ、金属部分のさびなど、
建物が老築化
1滞納問題や入居者のトラブルに悩まされている
失敗例・こんなはずじゃなかった・・・不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営の失敗例・こんなはずじゃなかった・・・
1景気回復、またはインフレから来る金利の上昇で、
返済計画に大きな影響
2急にお金が必要になったが、売却先が決まらない
3中古の収益物件を購入したが、
予想以上にメンテナンス費用がかかった
4空室後のリフォーム、募集の手配に手間取り、
収支計画に大きな影響
5火災や地震、台風などの自然災害の被害を受け、収支計画に大きな影響
不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら
ネクスト・アイズの賃貸経営に関するサービス

①アパート・マンション経営(賃貸住宅経営)相談
相続税増税対策をはじめとする『賃貸住宅』経営ブームから、気軽にアパート・マンション経営を始める方々が増えています。しかし、残念ながら成功につながっていない例も数多く見うけられます。
賃貸住宅経営の場合、家賃収入が予定を下回ると、計画に狂いが生じます。
また、賃貸開始後に発生するコストもいろいろあることから、コストをまかなえる家賃収入が得られるか、どういった住宅を建てると確実に家賃収入を得ることができるか、といった部分を、事前にしっかり検証しておくことが、賃貸住宅経営成功の秘訣です。

②オフィスビル経営相談
建物を建てて賃貸する、という意味でとらえると、オフィスビルもアパートやマンションのような『居住用物件』と同じです。
しかし、オフィスビルと居住用物件では、設備や仕様に違いがあります。
さらに、建築コストや賃料収入、管理費などのランニングコストも異なります。
一般的にはオフィスビルのほうがアパート・マンションより建築コストが高くなるほか、竣工後も大きなリターンを得られる反面、経営リスクもアパート・マンション経営より大きなものとなります。
建物規模が大きくなる分、管理費などのランニングコストもアパート・マンションと比較して多額になりがちです。
ネクスト・アイズでは、賃貸経営という視点はもちろん、土地活用、将来の相続・節税対策を見据え、最適な提案と実行支援を行います。

③駐車場経営相談
駐車場経営は初期投資ゼロ、または駐車場経営以外への転換も容易であることから、『安易な』土地活用法と受け止められがちですが、駐車場経営ひとつとっても、さまざまな種類、差別化できる要素はいろいろあるのです。
駐車場経営は初期投資が少ない分、経営効率を高めることで『ローリスク・ハイリターン』を実現できる可能性もあるのです。
ただし、経営上のデメリットとして税制上の優遇措置はなく、さらに相続税評価や所得税負担も大きなことから、長期間にわたり経営することはリスクになりますが、将来的にフパート・マンション・オフィスビル経営に転換するなどの長期事業計画を見据えた場合、経営上のデメリットを大きく上回るメリットを享受できます。
ネクストアイズでは中長期的な土地活用や相続対策をも見据えた賃貸経営計画の策定と実行支援を行います。

不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら


借地借家に関するご相談ならネクスト・アイズへ!
こんな不安はございませんか?借地借家に関するこんな不安はございませんか?
1大家さんからアパートの建て替えを理由に明け渡しを求められた
2アパートを退去する際に多額の現状復旧費用を請求された
3地主から多額の建て替え承諾料・リフォーム承諾料を請求された
4土地は借りているが相続が発生した
5家賃が半年以上滞納しており、
明け渡しを求めても居座られている
失敗例・こんなはずじゃなかった・・・借地借家の失敗例・こんなはずじゃなかった・・・
1家主から契約期間満了に伴う立ち退きを求められ、
契約更新を拒まれた
2家主から提示された立退料に納得できない
3敷金トラブル
4建て替えを計画したら、地主から多額の承諾料を請求された
5借地権と建物を相続したが、借地上の建物を売却したい
借地借家に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら
ネクスト・アイズの借地借家相談

①借地借家相談
借地や借家について、日常においては特に問題になりません。
しかし、いざアパートの退去や借地権の更新、または相続などが発生したとき、資産評価が高ければ高いほど、どう対処してよいのかわからずに滞るケースが多くなります。
これらの問題は経験に裏付けられた専門的な知識に加え、相手方に対し誠意をもって対応することが必要です。特に長期にわたり契約が継続し、なおかつ、安易に更新を行なってきてしまった場合など、深刻な問題が生じることが多いのです。土地や住まいを借りている、あるいは貸しているが、条件の変更または契約の解除をしたいなど、不動産の賃貸借に関わる諸問題を解決します。

②借地借家相談の項目
・現契約内容の精査
・当該物件の賃貸借料金の相場の算定、および交渉のアドバイス
・当該物件の資産評価の算定、および交渉のアドバイス
・住まいの契約や退去に伴う、原状復帰に関するご相談
・不動産の賃貸借に関する更新、または解除に関するご相談
・借地権建物の改修、または建替えに関するご相談
・借地権や底地の売却・取得に関するご相談
・借地権や底地の取得に関する資金調達のご相談
・物件にかかる各種税務に関するご相談
・借家に基づく営業権などの売却

③借地借家相談は、このような方におすすめ
・これから相続税を納めなければならないのか?
・相談窓口選びのポイントがわからない。
・相談したが要領を得ない、または断られた
・双方ともに円満に解決したい
・条件交渉の目安や方法がわからない
・相続が発生したがどうして良いかわからない
・売却や立退きについて、どうしたら円満に済ますことができるか、わからない
・借地権や底地を売却したいが、税金がどの程度かかるのか心配だ

借地借家に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら


なぜ、ネクスト・アイズなのか?

①実績394件
賃貸経営に関するコンサルティング実績は394件ございます。※2016年10月の統計です。
また、多くのメディアにも取り上げられております。
・2014.09.01 『賃貸住宅を立てる本』(オーナーズスタイル) 2014-2015号
 ネクスト・アイズ代表 小野 信一が見積りのチェックポイントについて情報提供をさせていただきました。
・2014.09.22 『PRESIDENT 家計別-「人生90年」ずっと安心を約束!』(プレジデント社) 2014.10.13号
 ネクスト・アイズ代表 小野 信一が土地活用特集『賃貸経営の正しい手順』について取材協力をさせていただきました。
・2014.10 週刊ダイヤモンドのオフ・ビジネス版「ダイヤモンドQ」創刊準備第1号
 ネクスト・アイズ代表 小野 信一が『不動産投資』について取材協力をさせていただきました。

②専門コンサルタントが多数在籍
専門コンサルタントが多数在籍

詳しくはコンサルタント一覧へ→

③他社とは違うネクスト・アイズの強み

■ネクスト・アイズで承っております基本的な土地活用相談は、その土地の持つ収益性や流動性を冷静に分析し相続対策・賃貸住宅対策とセットで行います。
その土地の収益性から、
1.土地の現金化、2.賃料収入を得る、3.土地賃料の一括受取
のいずれかを検討し、あわせて相続対策についても、
1.相続(争族)対策、2.納税資金対策、3.節税対策
を行います。
土地の収益性から財産評価を行い、通常の相続税の納税額を算出。
その上で財産移転、評価額の引き下げ策、相続時精算課税制度の活用や資産の組み換えなどを総合的に考え、その節税効果をご提案しています。

他社とは違うネクスト・アイズの強み

■ネクスト・アイズの賃貸経営支援は賃貸経営から相続対策まで、ワンストップでご提供できることにあります。
投資できる自己資金と借入金の規模・返済期間を踏まえた経営計画の策定にはじまり、立地および需要の分析、法令上の制限、市場調査を踏まえ事業計画を策定。
厳選した複数の施工会社による賃貸物件の設計コンペ・施工という流れで賃貸経営実行支援を行います。
あわせて収益性から財産評価を行い、通常の相続税の納税額を算出。
その上で財産移転、評価額の引き下げ策、相続時精算課税制度の活用や資産の組み換えなどを総合的に考え、節税効果をご提案しています。


不動産活用・土地活用・賃貸経営・アパートマンション経営に関するご質問・ご相談はございませんか? お問い合わせはこちら
家づくりのご相談
リフォームのご相談
土地購入のご相談
中古物件購入のご相談
土地活用のご相談
賃貸経営のご相談
借地借家のご相談
相続贈与のご相談


無料個別相談