相続対策では、どうして不動産の活用が挙げられるのでしょうか。

  • 相続対策というとどうして不動産の有効活用が一番に挙げられるのでしょうか。

  • 日本の財産は大きく3つに分類されます。1.預貯金、2.有価証券、3.不動産であり、それぞれの合計額が相続の課税財産額です。このうち、預貯金と有価証券に関しては時価評価なのに対して、不動産だけは、用途などにより減額評価が可能となます。したがって、課税財産額を低くするために不動産の活用方法を見直すわけです。

無料個別相談