新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー
お知らせ
6/8更新 新型コロナウイルス感染拡大に関する弊社の取り組み

TOP > ブログ > 代表ブログ > コロナで木材不足? 着工延期や価格上昇も!

コロナで木材不足? 着工延期や価格上昇も!
(2021.04.30)

ゴールデンウィークに、旅行やレジャーを計画、楽しみにしていた人も多いのではないでしょうか。3回目の緊急事態宣言。特に東京は、もう少し後かなという油断もあり、飲食店はもちろんのこと百貨店他サービス業は、取引先含め告知するのが土曜日だけという有様でパニック状態に陥りました。

弊社でも、日曜日には京王百貨店や読売カルチャーでのセミナーがあり、両者から中止の案内が来たのが前日の土曜日でした。皆さんも、前日の計画の中止、予約の取り消しに戸惑ったことでしょう。仕方のないことだとは言え、あまりにも急すぎですね。

さて、そんな中、あまりコロナの影響を受けてこなかった住宅・不動産業界にも影響が出始めました。人の流れではありません。木材不足です。

集成材含む木材全般が不足しており、一部の工務店さんには一切入らなくなりました。その情報について、いろいろな裏付けがとれてきたのが4月に入ってから。その後複数の工務店さんからも切実な話が出てきて、さらに詳しく情報を収集しました。

中堅のビルダークラスから一般的な工務店さんまで、みなさん同様でした。
一部のビルダーでは、年内は着工が難しいとの着工制限が設けられ、弊社のコンサルティングのお客様でも、一切資材が入らなくなっており、6月着工を延期してほしい旨の工務店さんからの相談がありました。

緊急事態宣言と同じで、急すぎます。すでに仮住まい先に引越しをしており、解体工事に着手しているお客様です。なるべく早めに着工できるよう、現在手配中です。

どうしてこんなことになってしまったのでしょうか。
まずは、全世界共通で木材の需要が増えたことです。特にアメリカや中国だそうです。コロナの影響で戸建ての需要が急増とのこと。日本と同じですね。

次に、ヨーロッパやアメリカからのコンテナの不足とのこと。コロナ禍ですから、当然ながら輸送含む交通網はまだ充分ではありません。各国、国内での需要を中心に木材は供給されているとのこと。つまり輸入はあてにできないということです。

大手ハウスメーカーにも影響が出ています。
さすがに情報の早いハウスメーカーは、木材の資材ルートはおさえてあるものの、需要が多いため価格が急騰しているとのこと。この5月から見積単価に反映するところもあるそうです。

この情報については、随時お伝えするようにします。

★これから新築やリフォームをご計画の方で、専門家に相談されたいという方は、ネクスト・アイズへどうぞ。ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和3年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top