賃貸住宅の入居率(空室率)の甘い罠! - 不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ|東京

不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ

メニュー
無料相談
無料相談 0120-406-212 アクセス LINE Youtube twitter facebook
お知らせ
3/29更新 新型コロナウイルス感染拡大に関する弊社の取り組み

TOP > ブログ > 代表ブログ > 賃貸住宅の入居率(空室率)の甘い罠!

賃貸住宅の入居率(空室率)の甘い罠!
(2022.02.23)

コロナ感染拡大の中
唯一の楽しみだった冬季オリンピックが終了し、
何か心にぽっかりと穴があいたようです。毎度のことですが、
日本人の活躍に、日々心が踊らされ、自分も頑張らねばと励まされました。
次回はパリでの夏季オリンピック。2年後です。

 
 

さて、最近多い賃貸住宅の相談事例です。
都心ではなく、郊外に賃貸住宅を建築する予定だが、将来の人口減少などを
考え慎重になっているとのこと。そこで空室率を調べようと近くの不動産屋に
聞いたところ、ほとんど空室なんてでないですよとの回答。
本当ですかと尋ねられました。
 
 

実際にお付き合いしている複数の大手管理会社に尋ねたところ、
管理している管理物件の入居率は、どの会社も 95%~ 97%前後
つまり、100戸中、5戸も空室がないことを示しています。
 
これだけ見るとほとんどの賃貸住宅は、余程のことがない限り入居する
と勘違いをしてしまうのですが、そこには大きな落とし穴があります。
 
賃貸住宅は、新築物件であればほとんどが入居していきます。
毎年のように新築物件は建築されますから、次にうまるのは築浅物件です。
中古になればなるほど、空室をうめるのに苦労します。
 
賃料は下げたくないので、まずやるのが敷金・礼金0というもの。
次にオーナー自ら広告料として仲介会社に支払い、借主には仲介料0円
とするもの。いずれも初期費用がなくなるので借主は借りやすくなります。
    
次にやるのが、フリーレント。最初の2か月分とか3か月分の家賃をサービス
するというもの。借主にとってみれば大変な得に感じます。

それでも入らない場合は、賃料を下げるという最後の手段をとります。
95%~97%の入居率というのは、こうしたオーナーさんの大変な苦労の結果、
でてきた数字です。
 
したがって、入居率(空室率)を鵜呑みにせず、ご自身で地場の不動産屋さんに
聞き込みをするべき
です。築10年以上経過後の物件で、入りやすい間取りの
タイプ、面積、賃料はどのあたりかと聞いてみて下さい。

それが本来の入居者ニーズです。
 

また、再入居までの平均月数なども聞いてみるといいでしょう。
空室にはなっていないが、再入居までこのタイプは6か月かかったなんて
苦労話も聞こえてくるでしょう。

  

ゼロゼロ物件やフリーレント、そして賃料の下落は大きく収支に影響します。
新築を検討する場合には、初期での投資効率だけでなく、長い目で見ての
再入居率や原状回復費用、修繕費用なども考慮する必要があります。
  

★家づくりや相続・不動産に関するご相談は、ネクスト・アイズへどうぞ。初回相談は無料です。ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2022年3月29日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和4年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2022年3月29日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top