相談事例「都心の敷地に建つ自宅と老朽アパートを2棟とも解体し賃貸併用住宅にするか、リノベーションして利活用するか。」を更新しました。 - 不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ|東京

不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ

メニュー
無料相談
無料相談 0120-406-212 アクセス LINE Youtube twitter facebook
お知らせ

夏季休業:2022年8月10日(水)~8月17日(水)
休業期間前後のお問い合わせは
8/18(木)以降順次対応させていただきます。

TOP > ニュース・トピック > 相談事例「都心の敷地に建つ自宅と老朽アパートを2棟とも解体し賃貸併用住宅にするか、リノベーションして利活用するか。」を更新しました。

相談事例「都心の敷地に建つ自宅と老朽アパートを2棟とも解体し賃貸併用住宅にするか、リノベーションして利活用するか。」を更新しました。

相談者は50歳のご夫妻で敷地内の自宅(所有権)に2人で暮らしている。
敷地は駅徒歩3分の好立地であり、様々な利活用法が検討できるが、リノベーションして賃貸を継続するか、建替えて賃貸併用住宅にするかなど、悩んでいる。
 

▼詳細はこちら

※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top