新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > ブログ > 代表ブログ > 相続の手続き第3編 介護施設、空き家、墓じまいなど

相続の手続き第3編 介護施設、空き家、墓じまいなど
(2020.09.23)

シルバーウィークに繋げて、水曜・木曜・金曜も休みを取れば9連休の方もいると思います。ゴールデンウィーク以上ともなる秋のシルバーウィークですが観光業界を活性化させる意味でも、来年以降は目玉になりそうです。

 

さて、私の相続の続きです。
母親の要介護の認定手続きですが、滞在2週間が前提だったため、一人残した妹に手続きを代行してもらいました。

病院へは、眼科、整形外科、精神科とまわり、健康状態と認知症のチェック。確かに目は緑内障のため、片目では見えづらく、足もふらついているが、認知症は物忘れ程度でそれほど重くなく、認知症は1程度ではないかとの所見で安心しました。

 

その後、町役場からケアマネージャーが一人来訪。(父親の認定の際は確か3人だったので、これもコロナの影響でしょう。)家の間取りと母親の健康状態をヒアリングし、おそらく要介護1とのこと。結果には1か月程度かかるが、なるべく早めに出すと約束してくれました。

また、町役場から連絡があり、NHK受信料の免除や住民税の免除、主治医の診断で補聴器、眼鏡が割引になるとのアドバイスもいただきました。ありがたいことです。

 

2週間を経過したので、そろそろ今後のことを話そうと母親と妹と相談。一人暮らしは難しいのではないか、施設に入ったらどうか、施設であれば会津か東京かなどについて、結論をせかさずに話し合いました。

同時に施設といってもどんなものかわからないので、東京に戻った私が介護施設の紹介で提携しているウェブクルーさんに相談。

介護状況から、サービス付き高齢者住宅、グループホーム、軽度の介護付き老人ホームの3種類の具体的な施設のカタログを会津に送付し、妹と母親で見てもらうようにしました。

 

はじめてわかったのですが、基本的にサービス付き高齢者住宅以外は、週に2回程度しかお風呂に入れず、1週間の生活スケジュールも決まっているとのこと。まだまだ一人で自由に生活を楽しみたいという方は、サービス付き高齢者住宅がいいようです。

場所や施設により利用料は異なりますが、都心に近いところでは賃料は10万円/月額、食事は3食で3~5万円。管理料3万円程で全体で15~20万円が基本。そこに介護サービス料が別途かかるとのこと。やはり、20万円~25万円は月額かかるようです。大きいですね。

 

空き家となる実家の維持管理は、やはりALSOKさんに相談。1か月に1回の巡回見まわりで月額4000円。センサーを付けると月額5000円だそうで、お願いするつもりです。

 

墓じまいをどうするかなど、まだまだ道半ばですが、人一人が亡くなるということは、残された人の問題も含めて、やることが多くて大変ですね。

 

相続問題、空き家問題に携わる者として、改めて実感しました。同時に提携会社の方には感謝しています。こうした終活、相続、空き家のサービス事業者が一同に介し、相談できる“空き家EXPO”が新宿で開催されます。是非、お顔を出していただければ幸いです。

 

 

「空き家EXPO」詳しくはこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top