新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > 完成実例 > 自宅をリフォーム > リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸

リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸

リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸
築32年の住まいを2017年にリフォームしたS様ご夫妻。
大勢が集えるようLDKをつなげた明るい室内には、自然素材がふんだんに使用されています。
住宅コンサルタントを介在させることで生まれた納得の住まい。
その家づくりの軌跡とは―― ?

もとは独立していたリビングとダイニングをつなげた広々LD。
写真の奥右手にはL字型キッチン、さらにパントリーがある。

リフォームを決意するまで

初期投資を抑え、次代に資産価値を残すために

ご主人「夫婦ともに70代となり、そろそろ自分たちの後のことを考えねばという思いがあり、昨年リフォームに踏み切りました。ただし、当初は新築やマンションへの住み替えも視野に入れての検討でした。その中からリフォームに決めたのは、ネクスト・アイズの小野さんからのアドバイスも踏まえたうえで、できるだけ初期投資のかからない形で住み心地を高め、将来は近くに住む娘一家に資産を残そうと思ったからです」
リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸
お気に入りのリビングで談笑するSさんご夫婦(手前左)。
手前右は、この家で育ち、今は結婚して近隣で暮らすお嬢様と元気いっぱいのお孫さんたち。
後方右がワンズライフホームの遠井氏、左がネクスト・アイズの小野氏。

施工会社の選定理由

確かな提案力のワンズライフホーム

ご主人「小野さんからご紹介いただいた施工会社は、大手メーカー1社とデザイン会社2社。そのうち1社がワンズライフホームでした。
各社には、親戚など16人が集えるようにLDKをつなげた広い空間にすること、玄関とキッチンをLDを経ることなくつないで回遊できるようにしたいことなど同じ要望を伝え、プランを出してもらいました。
その中でワンズライフホームだけが、こちらの要望を素直に叶えてくれました。仕事も丁寧で、ご近所からの評判も上々でした」
奥様「回遊動線にしたことで遊びに来た孫たちが走り回れたり、家事動線が確保できたり、とても暮らしやすくなりました。娘の提案でL字型にしたキッチンも使いやすく、さらにその横にはパントリーもできて、食品のストックなどにとても重宝しています」
リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸

ネクスト・アイズに期待したこと

外部コンサルの公平な目は、必要不可欠

ご主人「8年ほど前、住まいに関するセミナーを受講したとき、講師をしていたのが小野さんです。当時から家をどうするかを考えており、セミナーの内容にも納得できたので、将来家づくりをする際はこの人にと思っていました。
やはり施工会社を選ぶにしても、個人ではどこに声をかけ、どう比較すればいいかがわかりませんから。結果、小野さんには期待通りのことをしていただいたと感謝しています」
奥様「客観的な判断ができたのは、新築、リフォーム、住み替えという3つの選択肢のメリットとデメリットを具体的にご説明いただいたおかげ。それが、とてもよかったと思っています」
リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸
右/リフォーム前は勾配天井にあった天窓からの日差しが強く、夏はエアコンをつけていても暑かったという。
「天窓をふさいでファンを付けたことで、空気が攪拌されて心地よくなりました」とS様。
左上/ホワイトウッドの無垢材が目を引くキッチン。
左下/床に用いたのはナラ材。足ざわりが心地よい。

リフォームに求めたこと

基礎から屋根まで広範囲の工事で住み心地をアップ

ご主人「自分たちが元気でいられる今から約20年間の暮らしが心地よいものであるように、LDKを中心に玄関、和室、水まわりなど広範囲のリフォームとなりました。間取りだけでなく外壁塗装、屋根の遮熱機能付き屋根材への葺き替え、断熱材やサッシの交換、床下の湿気対策などもしたことで、家の耐久性が高まり、住み心地もずいぶんよくなりましたね」
奥様「以前は、寒暖が激しい家でしたが、今はエアコンの余熱で過ごせるほど居心地がいいんです。おかげで近所に住む娘の私も、子どもと一緒に実家にいる時間が長くなっています(笑)」
リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸
右/ダイニングとリビングを見渡せる機能的なL字型キッチンは、奥様のお気に入り。
左/キッチンから続くパントリー。天井までの造作棚を設けたことで、収納力は十分。
すぐ脇には勝手口があり、家事動線がコンパクトにまとまっている。

家づくりを振り返って

床や壁、天井に自然素材を用いたのは大正解

ご主人「家づくりを振り返ってよかったと思うのは、内装に自然素材を使ったこと。これはワンズライフホームの提案です。床はナラの無垢材、壁と天井は珪藻土、キッチンカウンターにも木の柱をつけたことで、まるで自然に包まれるような優しさを感じるんですよ」
奥様「それに、キッチンに立つとLDが見渡せて、リビングにいる人と一体感が味わえるんです。木のカウンターも軽食を食べたり配膳したりと便利。デザインってこういうものなんですね」
リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸
外壁塗装やベランダの防水処理など全体的なリフォームで暮らし心地を高めたS様邸。
「長くこの家で暮らしてきた記憶を継承しつつ、生まれ変わったように居心地のよい家になりました」というS様の言葉が印象的。

コンサルタントの“目”

基本計画がしっかりしていると家づくりは順調に進む

初回面談では、ご自分でつくられた住まいのコンセプトシートを持参されたS様。新築、リフォーム、住み替えの3つの選択肢の各費用感と、将来的にどの方法が有益かを知りたいとのことでしたので、現地調査をしたうえで、それぞれの場合を積算し、「住まいの計画診断書」を提出しました。S様のお考えは明確でしたから、選択肢が決まれば、あとはその思いを実現するだけ。家づくりは順調に進みました。

スタッフからのメッセージ

耐震補強に加えて床下の湿気対策や断熱材の交換など見えない部分の補修を行うことで、住まいの寿命・快適度は大きくアップします。
S様邸では、床下の大引き(床を支える部材)も替え、ベタ基礎と同じ要領で丁寧に床下をつくりました。また、当社は自然素材の使用を得意としていますが、それを選ぶかどうかはお客様次第。
今回、ご提案したものを気に入っていただけて嬉しい限りです。
リフォームで住み心地を高めた戸建住宅 東京都 S様邸
(株)ワンズライフホーム リフォーム部 部長 遠井 浩さん

耐震性を高めるために床や壁を一旦解体。ネクスト・アイズ指定の検査専門会社でのチェックを経て、適切な場所に断熱材や耐震補強材などを入れることで住まいの強化につなげていった。

物件概要

物件名東京都 S様邸(木造住宅)
建築面積121.77㎡
延床面積108.47㎡
設計株式会社ワンズライフホーム
施工株式会社ワンズライフホーム
住宅コンサルタント小野信一(ネクスト・アイズ株式会社)
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top