新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > 完成実例 > 自宅を建て替え > ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸

ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸

ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸
東京・東部のマンションに居住しながら、小金井市にある実家の建て替えを決意したO様ご夫妻。
ともに小学校の教員というお仕事上、転居できるのは4年ほど先。
ネクスト・アイズの家づくり仲介システムを利用して、堅実な家づくりがなされました。

無垢フローリングの中に畳を仕込んだ和のリビングがO様邸の中心。
木を用いた天井は高くして勾配をつけたことで、気持ちのよい広がりが感じられる。

リフォームを決意するまで

耐震補強をするなら建て替えと費用は変わらない

ご主人「最初は、リフォームをという気持ちが強かったのですが、栗原さんによると、築50年以上の家を耐震補強するなら、建て替えても費用はさほど変わらないと。この助言で、建て替えの方向に舵を切ることができましたね」

奥様「そんなやりとりをしたのが、2014年。私たちの仕事の関係で2018年頃までは転居できないので、以後はこちらに合わせてゆっくりペースで家づくりを進めていただきました」
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸
優しいご両親のもと、現在7歳のお嬢様はすくすくと成長中。キッチンと向き合うように設置されたカウンターはご家族の朝食スペース。左脇はパソコンコーナーになっている。

ネクスト・アイズとの出会い

リフォームか、建て替えか? 自分たちでは答えが出ない

ご主人「もともとこの場所には、私が生まれ育った実家がありました。7年前に母が他界してからは空き家の状態。相続したものの、仕事の関係で当面は都内のマンションから引っ越すのが困難だった私としては、今後この家をどうしようかと。自分たちで考えても、なかなか答えが出ませんでした」

奥様「そんなとき、以前、資料請求をしたネクスト・アイズからタイミングよくリフォームセミナーのDMが来たので、参加することにしたんです」

ご主人「それが講師をしていた栗原さんとの出会いです。セミナーを聞き、その場で初回相談を申し込みました」
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸
左/キッチンから洗面所、浴室までが一直線。家事動線がスムーズなのもO様邸の特徴。
右/障子越しに日差しを感じる明るい主寝室は畳敷きに。壁には珪藻土を使用。

住まいに求めたもの

欲しかったのは、昭和スタイルの暖かい平屋

ご主人「建て替える前の家は、夏場の風通しのよさを重視した造りで、逆にいうと冬はすごく寒かったんです。ですから、新しい家は断熱性に優れた暖かい家が希望でした。次に、平屋であること。実家も途中で増築して2階建てにしましたが、もとは平屋。2階にあったのは子ども部屋だけでさほど使っていなかったので、家族3人の暮らしなら1フロアで十分だろうと。あとは畳の続き間がある昭和スタイルの家にしたいと思っていました」

奥様「私自身は、こんな家にしたいという要望はなくて、夫の思いを優先したいと思っていました。というのも、ここはもともと夫の実家。本来一緒に住むはずだった義母との暮らしが叶わなかったので、その分、夫とご両親の思いを継ぐような家になればいいなと思っていたんです」
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸

4社からのプラン提出

複数のプランを見て、理想の間取りが見えてきた

奥様「我々の思いを栗原さんに伝えたところ、住宅メーカー4社からプランを出してもらうことになりました。各社の提案はそれぞれ特徴があって勉強になりましたね。ですから、3社にお断りをするときは断腸の思いでした」

ご主人「当初、栗原さんからは、家づくりをするなら複数のプランを見たほうがいいといわれたのですが、実際、各社のプランを見るうちに、だんだん自分たちのほしい家がわかってきた気がします。結局、パートナーに選んだのは三菱地所ホームです。なぜかというと、リビングが家の真ん中にあって、リビングと寝室が和室で、膨大な本や資料をしまう書庫があって……、というこちらの思いに一番近い提案をしてくれたからです。加えて、三菱地所ホームからも、バリアフリーや勾配天井など、我々が思いつかないような提案をしてくれ、どんどんプランがいい形になっていきました」

奥様「要所要所で栗原さんが常に公平な視点で私たちが選びやすいように配慮してくださったのも、よかったと思っています」
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸
上段/膨大な書物や資料もすっきりと収納できる書庫を、リビングの脇に設置。
下右/ゆったりとられた玄関ホール。右奥には靴や季節用品などがしまえる収納スペースがある。
下中/玄関のそばに手洗いを設置。
下左/全館空調「エアロテック」の室内機は半畳程度の大きさ。

住まいの魅力ポイント

全館空調の穏やかな心地よさもお気に入り

ご主人「この家ではまだ週末だけを過ごしていて正式な転居は来春ですが、居心地はいいですね。暑かった夏も『エアロテック』(全館空調)のおかげで涼やかでした」

奥様「実は、私は窓を開けたいほうなので最初は全館空調っていやだなあと思っていたんです(笑)。でも、気候のよいときは換気設定にして窓を開けてもいいんですね。夏と冬は『エアロテック』、それ以外の季節は自然換気というふうに使い分けられるのが気に入っています」

ご主人「窓を開けても、このあたりは静かですからね。都内と違い、周辺には緑も多いし、何よりも近所には私が小さい頃お世話になった方々がまだ暮らしています。その方たちが元気なうちに、この場所に戻ってこられたことが何よりもうれしいですね」
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸

コンサルタントの"目"

お客様の思いに合わせてプレゼン企業をご提案

最初O様ご夫妻にお会いした際、竣工はまだ先でよいとのことでした。しかし、お住まいと建築地が離れているため、完成は先であってもプランを進めることは問題ありません。ご主人のお話をうかがい、資金面の打ち合わせを細かく行ったうえで、個性さまざまな住宅メーカー4社の競合プレゼンをご提案しました。その結果、O様が選んだのが、独自の全館空調システムを有する三菱地所ホーム。当初のご希望どおり、落ち着きのある暖かな家に仕上がりました。
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸

住宅メーカーからのメッセージ

手持ちの書籍の採寸から始まった書庫づくり

打ち合わせの中でご主人より書庫をつくりたいというお話があり、プランのご提案前には、お手持ちの本の量を確認するため、旧宅に採寸にうかがいました。そのうえでご提案したのが、住まいのほぼ中央に設置した開かれた書庫です。室内ドアを極力なくし、内部空間がつながるように配置できたのは、「エアロテック」があればこそ。全館空調の心地よさを、四季折々の暮らしの中でお楽しみいただければと思います。
ゆっくりペースで完成した昭和スタイルの和の住まい 東京都 O様邸
三菱地所ホーム
大瀧 伸一さん

三菱地所ホーム株式会社
東京都港区赤坂2-14-27
国際新赤坂ビル東館5階
TEL.03-6887-8365
https://www.mitsubishi-home.com/

物件概要

物件名東京都 O様邸
建築面積211.84㎡
延床面積87.57㎡
構造工法枠組壁構造(2×4)外壁通気工法
設計三菱地所ホーム
施工三菱地所ホーム
住宅コンサルタント栗原浩文(ネクスト・アイズ株式会社)
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top