メニュー

TOP > 相談事例 > リフォーム > 築30年の戸建てを2世帯住宅へリフォームしようと見積りを取得、1,000万円以内にコストを抑える方法は?

築30年の戸建てを2世帯住宅へリフォームしようと見積りを取得、1,000万円以内にコストを抑える方法は?

相談内容

70歳のご夫婦。築30年の木造2階建て、延べ床36坪に2人暮らし。
今回、ご両親の老後を心配した長女様ご家族からいっしょに住みたいと言われ、2世帯住宅リフォームを決意。
大手リフォーム会社3社に見積もりを取ったところ、1500万円~1800万円の見積もりが提案される。
1000万円程度は覚悟していたが、とても1500万円は出せない。
どうしたら1000万円以下にコストダウンすることができるか教えてほしい。

問題点の抽出

・現在の見積り金額が適正かどうか、コストダウンできるところがないかどうか
・いくらまでならリフォーム費用として捻出できるのか
・二世帯住宅としての住まい方について、長女様ご家族と話ができているか
・大手リフォーム会社にこだわるかどうか

上記問題点を解決するための提案

・現在のプラン、仕様設備のチェックと問題点の洗い出し
・現在の見積り金額の項目別洗い出しとコストダウン提案
・ご両親の今後のライフプランによる適正予算の算出
・長女様ご夫妻のライフプランの再確認
・地元の工務店・リフォーム店からの見積りの再提案

費用

・ライフプラニング(預貯金、老後の資金など)の聞き取り  ・・・無料
・項目別費用の洗い出しと必要の有無のチェックのみ  ・・・無料
  ※正式なプラン提案とコストダウン提案書の提出は、150,000円(税別)
・優良リフォーム店の紹介と再見積もり提案  ・・・無料

コンサルティング結果

ご両親のライフプランの聞き取りから目標想定額を1000万円に設定し、まずは、大手リフォーム会社の見積りをチェック。
3社とも2世帯住宅にプランを変更するために既存間仕切りを全て解体し、新たに間仕切りを設定していた。
ここに大きくコストダウンの要素を発見。
親世帯・子世帯とも住まい方をヒアリングしたところ、既存間仕切りを生かした形で充分にプランが成立。
また、ミニキッチンや洗面台、空調の増設などの余剰設備も省略することも可能となった。
また、省エネ断熱を気にするあまり、全窓サッシ新規交換となっていたものも、リビング・ダイニング以外は、インナーサッシで対応。
ここまでで約400万円のコストダウン。
地元の工務店・リフォーム店で再見積もりを行えば、大手リフォーム会社と比較し、2割程度はコストが落ちることが予想されるため、前述の変更と合わせ、充分1000万円を切ると判断。
3年分の決算書や弊社独自の実績調査に合格したリフォーム店に複数社見積もりをお願いしたところ、一番安いところで920万円となり契約調印。

  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top