能登半島地震から学ぶ、地方の問題点 - 東京都で不動産相続・不動産売却・不動産コンサルティングはネクスト・アイズ

不動産相続(相続対策・賃貸経営・不動産売却・空き家売却)・不動産コンサルティングはネクスト・アイズ:東京都港区

メニュー
無料相談
無料相談 0120-406-212 アクセス LINE Youtube twitter facebook

TOP > ブログ > 代表ブログ > 能登半島地震から学ぶ、地方の問題点

能登半島地震から学ぶ、地方の問題点
(2024.01.11)

東京都 港区 麻布十番 ネクスト・アイズ|日本石川県集落伝建地区路地風景町並み

 
新年が明けてから10日が経過しようとしています。
 
元旦に発生した能登半島地震で多くの犠牲者が出ました。2日には羽田空港で日航機と海保機の衝突事故が起き、海保機の乗員5名が亡くなりました。災害に遭われた方々にお悔やみ申し上げるとともに被災地の一日でも早い復興をお祈り申し上げます。
 
 
 

能登半島地震


 
さて、能登半島地震では多くの死者と負傷者が出ています。現在も安否不明者が200名近くおり、半島で起きた地震により、道路等が寸断されており、その救助活動も困難を極めています。
 
確認されている全壊・半壊の住宅は約500棟ですが、最大の被災地である輪島市、珠洲市、能登町、内灘町の家屋被害は単純に「多数」とのみ計上されており、全容がわかるまでは時間が必要です。報道を見る限りにおいては、被災した住宅のほとんどが木造2階建て、屋根は昔の瓦が多く、1階が押しつぶされていました。
 
珠洲市の耐震化率は51%、輪島市の耐震化率は46%ですから、全国平均が87%と比較し、大きく遅れていたとも言えます。
 

能登半島 高齢化率(65歳以上の割合)と空き家率


東京都 港区 麻布十番 ネクスト・アイズ|高齢化老人夫婦

 

【高齢化率(65歳以上の割合)】

 

  • 珠洲市の高齢化率(65歳以上の割合) 51.7%
  • 輪島市の高齢化率(65歳以上の割合) 46.3%

 
実に2人に1人は高齢者です。2020年のデータによると、全国平均は28.7%ですから、高齢化が進んだ地域とも言えます。
 

【空き家率】

 

  • 珠洲市の空き家率 20.6%(県内2位)
  • 輪島市の空き家率 23.6%(県内1位)

 
 
それぞれ全国で51位と105位で、有数の空き家地域でした。
 
高齢者が2人に1人。耐震化されていない住宅が過半数で、そのうち空き家となっている住宅が4棟から5棟に1棟ということが、大きな被害に結びついたとも言えます。家屋は倒壊し、火災が起きても、隣家に空き家が多く、声が届かない。高齢者一人では逃げることができない、助ける人も近くにない。何という切ない状況なのでしょう。しかし、こうした状況の地域は全国で少なくないと思います。
 
もしご自身が住む地域で同じような災害に見舞われたらどうされますか。
 
地震、台風、集中豪雨、火災に対して、今一度考えてください。
 
リフォームする上での耐震化について、放置されている空き家について、東京都の空き家対策事業者である弊社として、できることは何か、もう一度考えてみます。
 
 
 
 

家づくりや相続・不動産に関するご相談は、ネクスト・アイズへどうぞ。初回相談は無料です。ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2023年3月28日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和5年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2023年3月28日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top