新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー
お知らせ
6/8更新 新型コロナウイルス感染拡大に関する弊社の取り組み

TOP > ブログ > 代表ブログ > 貧富の差=二極化が拡大!不動産価格も上昇中

貧富の差=二極化が拡大!不動産価格も上昇中
(2021.05.06)

コロナの感染拡大に伴う緊急事態宣言下ということもあり、ゴールデンウィークは、お家でのんびりという方も多かったのではないでしょうか。
さて、社員の安全を第一に、そして国の政策に則り、弊社でもゴールデンウィークを休日としました。

しかし、冒頭のとおり、みなさんお家にいる時間が多いせいか先週末よりお問い合わせやご質問のメールが多くなってきています。自宅から対応している社員もいるのですが、お返事がままならずご迷惑をお掛けし申し訳ありません。

わが住宅・不動産業界では、13年間の住宅ローン控除の契約期限が請負契約は9月末、建売やマンションなどの不動産売買契約は11月末とされており、その他住宅取得資金贈与の非課税枠の拡大やグリーン住宅ポイント制度などの優遇税制と相まって、一次取得者層を中心に活況を呈しています。

この一次取得者層とは、公務員や上場企業の社員の方々が中心です。雇用が安定した方々ですから、給与も減らず、ボーナスも支給され、一方では、コロナにより消費活動が抑制され、家計の預貯金という内部留保金は増えるばかりとなっています。

一方、飲食業や観光業などのサービス業に勤めている方々などは、正規・非正規問わず給与は減少し、日々リストラがささやかれている状況です。

くしくも昨年はオリンピックイヤーでした。外国人のインバウンドを期待し、本来であれば飲食業や観光業などのサービス業はバブル状態だったはずです。

見越して、一昨年までに住宅ローンを組んでマイホームを取得した方々の多くが“住宅ローン破綻”を起こしているとのこと。損切りでも売却してローンをなくさないと生活できないそうです。

このコロナにより、都心の不動産価格現実は全くその逆で高騰し始めました。株価の高騰で利益を上げた投資家や、前述の準富裕層の方々の需要が不動産価格を押し上げています

貧富の差=二極化はますます拡大しています。

★資金計画からしっかりと計画を進めたい方は、ネクスト・アイズへどうぞ。ご相談ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和3年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2021年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top