新築・リフォームで不動産・相続・賃貸のお悩み解決はネクスト・アイズ

メニュー

TOP > ブログ > 代表ブログ > 地価下落は今が入り口 今後徐々に全国へ波及!

地価下落は今が入り口 今後徐々に全国へ波及!
(2020.08.26)

立秋もとうに過ぎたというのに、この暑さ。コロナも参っているように感じますね。台風も頻繁に発生するようになり、何か季節が1か月ぐらいずれているように思います。

 

さて、先日国土交通省から令和2年第2四半期(4月1日~7月1日)の地価LOOKレポートの結果が発表されました。

 

予想通り“主要都市の地価動向はこれまでの上昇傾向から大きく変化”
調査対象は、東京圏、大阪圏、名古屋圏、地方圏の計 100地区です。

 

今年の第1四半期(1月1日から4月1日)では、地価上昇が見られるが73地区、横ばいの地区23地区、下落の地区4地区だったのに対し、今回の結果では、上昇地区はわずか1地区、横ばい地区61地区、下落地区は38地区に増加という結果でした。

 

昨年の最終四半期と比較すれば、もっと結果は顕著に出てきます。上昇地区が97地区で、横ばい地区が3地区、下落地区は0地区でしたからわずか半年で、大きく地価の動向が変化したのがわかります。

 

 

要因は、新型コロナ感染拡大です。昨年10月に実施された消費税増税も、隠れ要因だとは思います。
昨年までの地価上昇の要因は、東京オリンピック・パラリンピックの開催、増加する外国人旅行者のインバウンドからのホテル・ビルのニーズが地方にまで派生し、地価を押し上げました。

 

今回、すべてのあてがはずれ、コロナによる新生活様式であるテレワークの普及により、都心部では上場企業の本社機能の収縮なども見込まれ、オフィスビルの空室率も徐々に上昇してきています。

 

ただし、この報告書は7月1日時点のもの。その後のコロナ第二派は、含まれていません。もっと悪化しているといってもいいと思います。たとえば、店舗やオフィスビルの解約は6か月催告が原則。すでに銀座、新橋、丸の内などで徒歩5分以内のありえない空き店舗も出てきていますが、本格的に出てくるのは秋以降だと思われます。

 

ビルや投資マンションオーナーも、出ていかれるのが一番困ると、賃借人に3か月程度の家賃減額を泣く泣く飲んでいましたが、結果3か月経った現在、やはり解約申し入れが目立っているそうです。

 

一棟ビルや一棟マンションの投げ売りも始まってきています。地価の下落は、今が入り口。今後、徐々に都心部を中心に下落していき、地方に派生していくでしょう。

 

 

★不動産の売り時・買い時についてのご質問等は、こちらからお気軽におよせください。

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和2年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2020年03月31日報道発表・都市整備局)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top