空き家特措法の一部改正と相続登記申請義務化 - 東京都で不動産相続・不動産売却・不動産コンサルティングはネクスト・アイズ

不動産相続(相続対策・賃貸経営・不動産売却・空き家売却)・不動産コンサルティングはネクスト・アイズ:東京都港区

メニュー
無料相談
無料相談 0120-406-212 アクセス LINE Youtube twitter facebook

TOP > ブログ > 代表ブログ > 空き家特措法の一部改正と相続登記申請義務化

空き家特措法の一部改正と相続登記申請義務化
(2023.12.07)

東京都 港区 麻布十番 ネクスト・アイズ|12月クリスマスもまじか六本木のクリスマスイルミネーション

 
12月に入り、今年も残すところ1か月を切りました。これからは忘年会や納会、そしてクリスマスとイベントが多くなり、あわただしく時間だけが過ぎていきます。まさに師走です。やり残したことがないか、今一度振り返る必要もありそうですね。
 
さて、今年も空き家の相談が多かった1年でしたが、関連の大きなトピックスとして、一部法律が改正になるのでご紹介します。
 
 

空家等対策の推進に関する特別措置法の一部改正について


東京都 港区 麻布十番 ネクスト・アイズ|空き家

 
2018年の調査では、空き家の数は 849万戸。うち賃貸や別荘などの二次的住宅を除く、居住目的のない空き家は349万戸と、前回2013年の調査が182万戸だったので、約1.92倍に増加しています。
 
2013年に施行された当初の目玉は、市区町村に特定空き家の指定ができ、助言・指導、勧告、命令、そして代執行ができるというものです。
 
事実、ある程度の成果をあげました。
 

  • 2021年までの成果
  • 助言・指導 30,785件
  • 勧告 2,382件
  • 命令 294件
  • 行政代執行 140件
  • 略式代執行 342件

 
 
結果、こうした取り組みや空き家問題の普及啓発により、除却や修繕が行われた空き家総数は、全国で142,528件となっています。
 
しかしながら、前回の調査から増加した空き家は、182万戸から349万戸と160万戸増加し、歯止めがかかりません。このままだと2030年には推計で 470万戸にものぼると予測されています。
 
今回の改正で着手したのが、特定空き家に指定される前の状況です。
 

特定空き家に指定される前の状況


東京都 港区 麻布十番 ネクスト・アイズ|空き家対策空き家

 
特定空き家に指定するには、倒壊の恐れのある、あるいはごみの不法投棄、悪臭の悪化など特別な状態でないとできません。
 
そこで、放置すれば特定空き家となる恐れのあるものを、市区町村が新たに“管理不全空き家”と指定し、指導・勧告すれば、固定資産税の住宅用地特例を解除するというものです。
 
なぜ、老朽化した空き家を解体除却しないで放置しているかといえば、家が存在するだけで固定資産税が《1/6》になるという大きなメリットが享受できるからです。
 
管理不全空き家に指定されれば、今まで10万円だった固定資産税は60万円20万円であれば、いきなり120万円となるわけですから大きいですね。
 
今回のこの措置は、放置空き家にとっては大きな転換ポイントになります。加えて、来年4月からは、相続登記の申請義務化も始まります。4月以降の相続だけでなく、施行前の相続も対象となりますから要注意です。亡くなった方がまだ所有したままの登記状況には、3年間の猶予があるものの放置すれば過料の罰則もあります。
 

空き家問題の最大原因は、相続問題


東京都 港区 麻布十番 ネクスト・アイズ|空き家相続委問題【古い民家】

 
相続登記の申請義務化に対処するためには、遺産分割協議を行い、名義人変更を実施、その後空き家の利活用方法を検討してください。
 
 
 
 

家づくりや相続・不動産に関するご相談は、ネクスト・アイズへどうぞ。初回相談は無料です。ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2023年3月28日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和5年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2023年3月28日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top