令和4年度税制改正大綱が発表!住宅取得には変わらずチャンス! - 不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ|東京

不動産・相続・賃貸経営の相談・コンサルティングはネクスト・アイズ

メニュー
LINEでお問い合わせ
無料相談 0120-406-212 LINEでお問い合わせ アクセス
お知らせ
3/29更新 新型コロナウイルス感染拡大に関する弊社の取り組み

TOP > ブログ > 代表ブログ > 令和4年度税制改正大綱が発表!住宅取得には変わらずチャンス!

令和4年度税制改正大綱が発表!住宅取得には変わらずチャンス!
(2021.12.21)

今年もあとわずか、年の瀬も押し迫ってきました。
クリスマスに年末・年始休暇ですから、仕事の実稼働は1週間程度しかありません。経営者としては焦りますね・・・。

 
 

さて、来年度の税制改正大綱が自民・公明与党から発表されました。
年明けからの国会内で審議され、3月には正式決定されます。

 

住宅・不動産関連の大きな改正ポイントは次の2点です。
 1.住宅ローン控除の4年延長
 2.住宅取得資金贈与の2年延長

まず、内容が二転三転した住宅ローン控除ですが、4年延長で決着しました。
延長は決まっていたのですが、二転三転したのはその内容です。
問題となっていた控除率は、一律0.7%に縮小し、適用対象者の所得要件も3,000万円から2,000万円に引き下げました。控除期間は13年に伸びました。

次に、限度額です。
2025年末まで4年間の延長ですが、2022年、2023年入居と2024年、2025年入居と2段階に分け、借入残高の限度額を分けました。
 
2024年、2025年入居の場合は、前述の期間の上限額からそれぞれ1,000万円引き下げとなります。
ただし、認定住宅の場合は500万円の引き下げです。
中古住宅の場合は、限度額を2,000万円とし、控除期間は10年となります。

控除率 1%から 0.7%に縮小ということで誤解されがちですが、期間は10年から13年と3年延長されたことにより、一般的な所得層からすればそれほどは変わりません。
 
たとえば一般住宅で3,000万円のローン残高であれば、今までは控除率1%で30万円の所得税・住民税の還付。これが10年間続くので総額300万円のお得ということになるのですが、来年度からは控除率0.7%で21万円が13年続くので273万円のお得で、その差は27万円しかありません。

そもそも所得税・住民税が21万円ということは、年収が600万円位は必要で、控除率が1%だろうが0.7%だろうが変わらないことになります。50万円/年、最大10年で500万円の得という話は、年収が1,000万円を超えないと成立しません。なのであまり差は気にする必要はないと思います。

 
 

次に住宅取得資金贈与ですが、これは2年延長となり、非課税限度額は耐震、省エネまたはバリアフリーの住宅用家屋は1,000万円まで、一般の住宅は500万円まで、住宅取得資金の贈与は非課税となりました。
受贈者の年齢要件を18歳に引き下げた他は、本年までとそれほど変わりません。

 
 

住宅ローン金利の稀に見る低金利を考えると、前述の2つの住宅優遇税制や今年度の補正予算で決定している、子育て・若者夫婦が住宅取得をする際に最大100万円を補助する「こどもみらい住宅支援事業」など、住宅取得には好機なのは変わらないと思います。

 
 

★2022年度に住宅取得をご検討の方で、中立的な専門家に相談したいとお考えの方は、ネクスト・アイズへご相談ください。初回相談は無料です。ご希望の方はこちらから

お知らせ ネクスト・アイズは、東京都が促進している【空き家の発生抑制・有効活用・適正管理に関する普及啓発の取組と、空き家所有者等からの相談に無料で応じるワンストップ相談業務を一体的に実施する事業者】として選定されました。(2022年3月29日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら ネクスト・アイズは、令和4年度東京都空き家利活用等普及啓発・相談事業 事業者に選定されました(2022年3月29日報道発表・住宅政策本部)詳細はこちら
※お家にいながら専門家にご相談が可能な、「ウェブ相談サービス」を実施しております。
 お気軽にお問い合わせください。
  • ちょっとした疑問・不安もお気軽に!電話で今すぐ相談!!0120406212
  • 家づくり・リフォーム・不動産の専門家が対応!メールで簡単個別相談受付中!!無料相談
go to top